理学療法士とは ?


理学療法士とは、ケガや病気などで身体に障害のある人や将来的に障害が発生してしまいそうな人、日常生活での体のパフォーマンスや身体能力の向上を考えている人に対して、日常における基本的な動作(歩く、立つ、座る、手を伸ばすなど)の回復や維持、悪化することの予防を目的として、運動による療法や物理的な療法を用いて、健康で健やかな日常生活が送れるよう支援する医学的リハビリテーションの専門家です。

一言でいうならば『身体のスペシャリスト』であり『動作の専門家』です。理学療法士は国家資格となっており、免許を持った人でなければ名乗ることができません。近年では、高齢者の介護予防、フレイル(「自立した生活ができる健康な状態」と「要介護状態」の中間的な状態をさす。)予防、健康増進、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病に対する指導、スポーツ現場、産業分野など活躍の場が広がっています。

 

理学療法士だからできること


身体の不調や痛みが発生して、通院しなければならない状態になる前に予防し、そうならないように身体のケアをしていくことが理学療法士の専門です。身体の不調や痛みの前兆は基本的な動作(歩く、座る、立つ、手を伸ばす)に見られることが多く、この動作を分析し改善アプローチできるのが理学療法士だけが持つ強みです。

そんな理学療法士だからこそ、通常の整体やマッサージとは違い、身体の知識や動かし方、日常における身体のケアにも精通しているため、一過性で終わるような施術を行ったりはしません。身体を動かすことを楽しめ、健康寿命を延ばしていくために皆様の身体のサポートを行わせていただきます。

※当店は自費リハビリ施設のため、医療保険・介護保険は適用外です。医療行為にあたる治療等は行いません。